What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS バージニア釣行記C 〜 アメリカでエギング!

<<   作成日時 : 2008/05/28 05:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ひとしきり海を眺めて感慨にふけった後、ギフトショップに立ち寄る。
ふむふむ。レストランと軽食コーナー、売店があるわけやね。
売店では「ここ」オリジナルのグッズなどがあり、お土産にはいいかも。

パンフレットに目を通すと、どうやらこの人工島に釣り場があるらしい。
早速売店横へ移動。
確かに釣り場…。

画像


しかし足場高いし、釣り難そう…。
でも海の真ん中なんで相当深いんかなぁ。
横に消波ブロックというか石も積んであって根魚ぐらいは釣れそうかな…。
海上だけあって風も強い。
…と、石積みの際を狙っていた女性が何やら釣り上げた。
「ガシラ? メバル?」
27、8cmというところか。頭がでかいのでガシラの…よう…だが…。
いや、ガシラのような精悍さも愛嬌もない、ぶさいくな魚。
アンコウを小さくしたような…。
写真を撮るべきだったのだろうが、若いアメリカ人女性に気軽に声掛けられる程の度胸はない。

竿出そうかどうしようか迷っていたが、その魚を見てまた気が萎えてしまった。
アメリカの魚って何であんなにグロいの…。


移動する!
地図によるとこの先に「フィッシャーマンズアイランド」という魅力的な名前の島がある。
そこはきっと釣り人の楽園…。
夢を描きながら進んだ先は…ただの野原が広がる島、しかも保護地域なのか立入禁止。

どうなってるんかなぁ、この国は…。
ライセンス買わせておいて、釣りできるとこがないなんて…。

有料道路を渡り切ったところのドライブインにインフォメーション発見。
「釣りできるとこ探してるねんけど…」と片言英語で質問。
「この先左側にキプトペケ公園があるからそこに行ってみれば?
水が深くて立てない程だから注意してね」と気のいいおばさんが答えてくれた。
深場! サイコーじゃないですか。

ついでに釣具屋の場所も教えてくれたのだが、このときは一刻も早く竿を出したい気分になったので、とりあえず御礼もそこそこにインフォメーションを後にする。
あとから考えればこのとき冷静に、一旦釣具屋へ行ってもう少し情報を収集すべきだったのだ…。


キプトペケ公園は程なく見つかった。
入口ゲートで「釣りしたいねん」と言うと駐車料と合わせて$7取られた。
車を停めて早速様子見に…。
砂浜に突き出すようにして釣りデッキがある。やっぱり砂浜。

画像


デッキから沖に500m程のところに沈船が数隻置かれている。…って沈んでないがな!
やっぱり遠浅。
確かに足元2〜3mの水深はありそうだが、それ以上では決してない。
結局深いところなんかないのか…。

デッキの上には10数組の釣り客。釣れている様子は…なさそう。
魚を捌くシンクまであって、そこでボートの釣り客が大きな魚を捌いている。
タイ…ではなさそう。色はタイだが、顔はやっぱりちょっとグロい。

イカなんかいそうにないけど、ここまで来たんや。やるしかないわ。
K's Labo湾人VACANCE VS765F-EGにダイワセルテート2506Finess Customをセット。
スプールはダイワエギセンサー0.6号を巻いたスタジオオーシャンマークCT2500AA。
リーダー1.75号の先にはエギスナップを介してヤマシタのエギ王3.5号。
おっ、何かいかにも釣行レポートみたい…。

しかし、ここはアメリカ・バージニア州。大西洋…。
こんなところでエギングしたことある人なんておらんやろなぁ。

外向きは斜めに吹く向かい風でキャストしにくい。ちょい投げで足元付近を丹念に探る。
風で底取りしにくいこともありあまりシャクらない。
反応なし…。

…というか、日本の秋のようにバシバシシャクってアピールするのがいいのか、春のようにややスローに攻めるのがいいのか…正直分からない。
深くもないしね。

内向きのサーフ際へ移動。
こちらは風が安定しているのでキャストしやすそう。
停船しているボートの際、ブイの際を狙ってキャスト。
案の定底も取りやすい上、こちらの方がやや水深がありそうだ。
底をとってシャクってみる。
あぁ、約1年ぶりのシャクり…。おっと涙が出てしまいそうだわ…。
本人は感慨深くロッドを操っている…が、反応なし。
周りの視線も心なしか冷ややかな気がする…。

こーゆーときは周りが気にならないように、海の中に視線を落とすべし…。
おや、水面近くで小魚が群れている。
ベイトはいるわけやし、何かしかの魚は狙えるかなぁ。

数キャスト目足元ピックアップしようとしたエギから何やら離れていく影…が見えたような気がした。
イカではない。魚か?
アタリらしい感触はなかったが…。

アオリイカはともかく、コウイカの類ぐらいいてもよさそうなもんだが、まったく反応なし。
拾ってくる藻もわずか…。

まだ陽は高い。
少し仮眠してから再チャレンジすることにする。

(続く)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バージニア釣行記C 〜 アメリカでエギング! What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる