What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS デラウエアレイク

<<   作成日時 : 2008/06/16 12:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日とは打って変わってエエ天気…。


ゆっくりしようかなぁと思ってたけど、天気に誘われてふらふらと出かけてしまいました。
行った先はデラウエアレイク。
アパートから30分ぐらいのところにあります。

地元でいいポイントないかいろいろ探してて、「オハイオ州の中でも有数のバスフィッシングポイント」ということで開拓せなアカンなぁと前から思ってたところです。
実は今年の1月だったかたまたま暖かい日があって、その時にもここに立ち寄ったのですが、そのときは釣り人もまったくと言っていいほどおらず、魚の反応もなし…という経験もあって、その後はまったく行ってなかった場所でもあります。

情報によるとダム湖側はラージマウス、下流の川ではスモールマウスが釣れるとのこと。
ソウガイ、クラッピー、ギル、その他魚種も豊富だとか…。

まずは人が集中するであろうダム付近を避け、東側のボートランチ付近へ。
竿も出さず撤収。
あきません。浅いし、竿出せるとこもないし…。

画像


湖奥側で釣りしているらしいボートが数隻見えますが、見渡す限りではショアからできそうなポイントはなさそうです。
やっぱりウェーダー要るかなぁ。

…ウェーダー君は本日アパートのベランダで休暇中。

仕方ないのでダム付近へ移動します。
案の定釣り人の多いこと…。
特にダム下右岸は駐車場からのアクセスがいいこともあり、人が溢れています。バーベキューの人も含めて…。
対岸は人が少ないのですが、ぱっと見、いいポイントには先行者がおります。

ダム湖側へ。
こちらは日陰になったポイントにぱらぱらと釣り人の姿があるだけ。
ダム横へ降ります。
ゴロタになっているので根掛かりが厳しいポイントです。
しかも狙い所が分かりにくい…。

画像


岸に沿ってキャスト、ワームを流します。
反応なし。

ダム反対側へ移動。足元は同じく石積みのゴロタ。
ボートで近づいてきた親子連れ。子供の方が岸際で何やらヒット。
いい型のバスのようです。
ボートが離れて行ったのを見てから広く探ります。
「硬いところには硬いルアー」と以前師匠が言ってたのを思い出し、かつ、最近日本から送ってきた雑誌でちょこっと特集してたのも思い出し…スピナーベイト登場! ちゃらららったた〜ん!

実はハードルアーであんまり釣った覚えないんです。
越前でミノー投げて1回だけメバル釣ったかなぁ。
あ、メタルジグなら、風の強い日に24cmクラスを4、5匹連発したことがありますが…。
こちらでバス釣りし始めてからは、硬いルアーではホントに何も釣れてません。
あ、このあいだトラウト釣ったなぁ…。
まぁ、とりあえず、あんまりいい思いしたことはないです。

このスピナーベイト、アメリカ出発前に日本で買い込んだタックルのひとつです。
3つ買ったけど、ひとつはこちらで釣りを始めて早々にロストしてしまいました。

残り2つの内金色のブレードの方をチョイスし、とりあえずキャスト。
うーん、ライトパワーのロッドに3/8オンスのスピナーベイトは重すぎるのか、ロッドがぎゅんぎゅん曲がります。

雑誌に書いてあったように岸沿いにキャスト。
水の重さを感じながら巻いてくると、「ぐんっ」と重くなる感じ。
バイト!
ロッド軽く立ててアワセ入れます。
うーん、ロックバスかな?

画像


まぁ悪いサイズではないです。
腹もでかいし…。

気がつくと少年が近づいてきます。
「クラッピー?」と彼。
「いや、ロックバスやと思うけど…」
「ふーん。何使ってるの? フェイクベイト?」
「うん、そう」

魚をリリースすると、「あっ!」という声。
あれ? 欲しかったかな…。

続けてキャスト。やや湖側へ。
反応ないなぁ、もうピックアップやなぁ…というところで、水面近くでバイト!
ジャンプ1発、バレません。
ちょっとマシなバスです。
27、8cmというところかな…。

画像



またしても少年。
バイトの瞬間を彼も見ていたのでかなりコーフン気味。
「そのキラキラしたやつ何?」
「スピナーベイトっていうやつ」
「それ凄いよね」
「そうやね」
一通り聞きたいこと聞いた後、少し照れくさそうに、
「魚キープしないの? 僕ら食べるよ」と言うので、
「欲しい?」と聞くと、
「うん。おじいちゃん、魚が好きなんだ。おじいちゃんに食べさせる魚を釣りに来たんだ」
何ておじいちゃん孝行なヤツ…。
そういや、今日は父の日か…。関係ないか…。
バスには申し訳ないと思いつつ、少年にプレゼント。
喜んでました。

続けてクラッピーがスピナーでヒット。
他の釣り人が入ったので岸際遠投ができなくなったので、ワームにチェンジ。
交換早々ギルが連発。

少年、隣にいる彼の姉らしい子に「あの人凄い〜!」みたいなこと言ってます。
何かめちゃくちゃうまくなった気分です。

その内彼にもヒット。
反対向いてて気づかなかったけど、後ろから咳払いが聞こえて振り向くと、こちらに向けて「どうだ!」と言わんばかりに釣った魚を見せてます。
「小さいけどね」と彼。
「悪くないんじゃない」と俺。

なかなかいい子でした。
「グッドラック!」と声を掛けて移動。

石積みの端っこ辺りは人もいなかったので、ここなら遠投できる…と再びスピナー。
いきなり根掛かり…ロスト(T_T)
ついでに日本でもらったクランクベイトもロストし、悲しさ倍増。

ダム下左岸へ。
対岸から見ていたポイントの釣り人は帰ってしまった様子。ラッキー。
見ると「ばふっ、ばふっ」とボイルが…。コイ?
小さめの針にワームも短めにしてスプリットショットで流れに入れます。
うまくラインがなじんだところでロッド立てて聞いてみると重い…。アワセ!
いきなりドバッという感じでコイが水面を割ります。
でかい。50cm、いやもっとあるか…。
ドラグがギューッと鳴いてラインが出ます。
こちらはロッド立てて応戦。
3、4分…もっと短かったかも知れないし、長かったかも知れません。
「プッ」
ラインブレイク…。
フックとの結束でしっかり切れてた。
今日は6ポンドのフロロ巻いてたのに…。

画像

スレの鱗。でかいです…



その後も何回かバイト、スレでコイが掛かるが取り込みまで行きません。
どうやらここはコイが溜まっているみたい…。

1時間程してまだボイルは続いていたけど、他の魚の活性が上がったのか、俺のワームにはギルだのクラッピーだのそんなのばっかがアタリだしました。
まぁその中で初ものも出たしちょっと嬉しかったけど…。

画像

ストライプバス? ストライプクラッピー?




結局ラージマウスバス1匹、ロックバス1匹、初物1匹、クラッピー数匹、ギルたくさん…という結果でしたが、なかなか楽しい釣りができました。
何よりハードルアーで釣れたのは自分にとっては収穫でしたね。
早速スピナーベイト補充しとこうっと…。




でも、こっちで売ってるスピナーベイト、ちゃんとクルクル回るかなぁ…。
それが心配…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ホワイトバスだ。(僕も釣りたい)
kajinao
2008/10/03 10:36
kajinaoさん>ひょっとしてアメリカにお住まいですか?
ホワイトバスってもっと引くもんだと思ってました。
zinc362
2008/10/03 23:31
そうです。 ケンタッキーのLEXINGTONに住んでいます。
kajinao
2008/10/06 10:23
kajinaoさん>地図で見る限りでは湖もいっぱいありそうでよいですね。
zinc362
2008/10/06 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
デラウエアレイク What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる