What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ釣り事情E 〜 キャッチ&リリース?

<<   作成日時 : 2008/06/18 13:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こちらへ来るまでは、アメリカの釣りって「キャッチ&リリース」が当たり前だと思ってたわけです。

画像


こっちの連中ってあんまり魚食わないし…。

某有名ハンバーガーショップのメニューにも「フィレ○フィッシュ」なんてのもありますし、ふつーのアメ食レストランでもサーモンの焼いたのなんかはメニューに載ってたりします。
スーパーでも鮮魚コーナーみたいなのも一応あったりするし、魚のフライの冷凍のヤツなんかは結構な種類が並んでいます。
でも、積極的に魚食うかっていうと、そうでもないような感じです。

まず、魚の匂いに敏感です。
会社の電子レンジでキムチチャーハンなんかをチンしてるときに、米人が鼻をフンフンさせてたので、
「ごめん、臭くて…」と謝ると、
「違う。魚の匂いや」
すかさず夕食の残りの魚フライを持ってきてた米人が「悪い悪い…」と謝ってる…ってことがたまにあります。
どう考えても魚フライよりキムチチャーハンの方が匂うと思うんやけど…。

次に形が嫌いなようです。
まぁ、これは分からんでもないです。
要は魚の形したまんまの料理ってのは許せない…ってことでしょう。
魚に限らずかな…。
日本食レストランで頭も尻尾もしっかり付いてる秋刀魚とかシシャモとか、俺などは喜んで食う訳ですが、横のテーブルについている米人ファミリーが奇異な顔をしていることがよくあります。

…とまぁ、周囲に積極的に魚食う人も少ないので、当然釣った魚はリリースかなぁ…と思ってたら、釣り場で見る人はしっかりキープしている人の方が多かったりします。
バージニアの海で釣りしたときも、釣り場に設置されている流し台みたいなところで釣った魚捌いてたしなぁ。
今まで見てきた限りでは、どちらかって言うと「キャッチ&イート」な人が圧倒的に多いわけです。
特に岸釣りしてる人ではこの傾向は顕著かも知れません。

ブラックバス、ナマズ、クラッピー、ギルまで…何でもキープします。
中でもナマズやクラッピーはおいしいらしいです。
でも、前にも書いたけど、地元の湖や川はいつも濁ってるので、そこで獲れる魚って泥臭いような気がするんですけどね。
生かしたまま持って帰って泥吐かせたりするわけでもなさそうなので、そのまま捌くんでしょうね。
食べ方としては、やっぱりフライかなぁ…。

俺も釣りを始めた頃は神戸港で釣った魚を喜んで食ってましたけどね。

画像

神戸港の鰯。喜んで食ってました。



画像

神戸港の太刀魚。喜んで食ってました。



さすがに越前辺りで釣るようになってからは、神戸港で釣ってもキープしなくなりましたが…。
やっぱり、水が汚いところで獲った魚って「うまくはないやろ…」って思ってしまいますもんね。



横道逸れますが…。

以前越前で日中メバルを狙っていたとき、防波堤に散歩にきていた地元のおじさんとの会話。
記憶媒体が関西弁ベースなので正しい方言になっていないことはご了承下さい。

「何狙ってるねん?」
「メバルです」
「こんなとこで釣ってどうするねん? 食うんか?」
「まぁ、いいサイズやったら食いますけど…」
この時点で、その少々ぶっきらぼうな物言いにちょっと嫌気さしてたんですけどね。
「どこから来た?」
「京都です」
「それやったら、大阪港とかで釣る方がええやろ」
「まぁ、大阪港辺りでも釣りしますけど、あそこの魚は食えないでしょ?」
「何言うてるねん。ここらの海より大阪港の水の方が綺麗や!」
「えぇぇぇぇ〜。そんなアホな」
「あっちは金かけて、水が綺麗になるように消波ブロックとか沈めとる。ここらは適当にガンガンブロック入れるから水が廻らんようになって、どんどん汚くなっとる!」
「そうは見えないんですけど…」

事実関係はともかく、地元の自称元漁師の方が言うには越前の海の汚れ方は大阪港のそれよりも比べ物にならないぐらい激しいのだそうな…。
でも、それを聞いてから神戸港に行くことがあっても、釣った魚を持って帰ることはしなかったし、正直あの匂いの中で長時間釣りする気にならなかったのも事実。
水質調査などをすれば意外な結果が出るのかも知れないけど…。



話を戻そう…。

こちらの魚の話でしたね。
オハイオ州の釣りに関するレギュレーションをまとめたリーフレットに食べ方のアドバイスが少し書かれています。
翻訳機能に欠陥があるので、誤訳はご了承下さい。

「魚は低脂肪でプロテインをたくさん含んだ健康的な食品です。
オハイオ州で釣られた魚はほとんど食べても安全ですが、一部の水域で獲れた魚のいくつかに水銀やPCBなどの化学物質が検出されています。
出産を控えた女性や子供は、オハイオ州の魚を使った料理を食べるのは週に1食にしておきましょう」

…って、あんまりよろしくないってことですよね、これ。

一部の水域ってどこやねん! ってのも非常に気になる部分ですが…。
まぁ、「そーゆーリスクもあるから、心して食してね。ちゃんと言ったからね。あとは自己責任ね」という、アメリカらしい責任感故のコメントなのかなぁ…とも解釈できるわけでして…。

そーゆーリスクはさておき…(^^;;;
まぁ、一度食してみるのもいいかなぁ。食わずに「うまい」も「まずい」もないからなぁ…などと最近は思っております。
まずは、「うまい」と言われるクラッピー辺りを試してみるかな…。



決心がつくまで、相当時間かかると思いますが…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ釣り事情E 〜 キャッチ&リリース? What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる