What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 新兵器

<<   作成日時 : 2008/06/02 08:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

次なるアマゴ捕獲作戦のために渓流竿的なロッドを近所のスポーツ用品店で物色。


残念ながらこの辺には釣具専門店みたいのがないのです…。
しかし、そーゆー店があったとしても恐らくバスタックルかフライタックルぐらいしか置いてないだろうね。
あぁ、こっちにもブンブンとか上州屋とかエサイチグループとかフィッシングマックスみたいな店があったらなぁ…。

そのうちこちらのタックル事情なんかもまとめようと思うけど、スポーツ用品店の釣具は大したことありません。
まぁ、こっちの人らはこれで満足…っていうか釣れりゃいいって感じなのでしょう。


で、長くて柔らかい竿を探してたら…それなりのがありました。
「BUCK'S B'n'm Graphite JIG POLE BGJP122」という怪しいロッド。
もちろん「Made in China」です。

画像


これもまぁ、そのうちまとめようと思いますが、こちらでは大抵のものが「Made in China」です。
さすがに最近の中国事情などを考慮してアメリカでも「China Free」なる言葉がありますが、中国製品抜きにしてアメリカの生活は成り立たないでしょう。
それほど「Made in China」が蔓延しております。
食料品しかりです。


それはさておき…。

このロッド2ピースで12フィート(約3m66cm)あります。
こちらでこれだけ長いロッドは見たことないです。
持った感じは…重い!
しかも店頭に置いてある2本のうち1本は先端のピースの根元が折れてるし…。
さすが安いだけある…。

$40しなかったので、試しに買ってみました。
もちろん、折れてない方…。


で、早速いつものダム湖へ。

「長い」ということのアドバンテージは確かにあると思います。
葦際などを障害物気にせず狙えたりします。

しかし…。
重い、飛ばない、腰がない…。

重いのは店でも分かってたことなので、辛抱せざるを得ないでしょう。
しかし長時間振ってると疲れる…。

飛ばないのは1/32オンスのジグヘッドをつけていたせいもあるでしょう。
練習次第でもう少し飛距離出せるようになるかも知れません。
でも基本的に張りがないので、ピュッと飛んでく感はまったくありません。
VACANCEのロックフィッシュ用ロッドの方が遥かにコントロールしやすく、飛距離も出ます。

画像
VACANCE VF755-RF3と並べてみました。長さの違い分かりますか?


そう、一番の問題は腰がないこと…。
もう少しティップが柔らかくて、腰があるということないのですが、腰がなく、竿全体がヘニャッとした感じ。
それでいてティップはあまり曲がってくれず、小さいバイトを弾いてしまいます。
デコレーション用に買ったフライロッドの方がニーズに合ってるかも…。
でも、こっちは9フィート(約2m74cm)、しかもリールシートの位置がグリップエンドにあるし…。

それでもクラッピー2匹、ブルーギル5匹、名前不明の魚1匹(いずれも20cm前後)をなんとか釣り上げることに成功。
一応、抜き上げしてもバキッと折れたりはしませんでした。

画像


次回チャグリンリバー釣行時には一度試してみるつもりです。

アカンかったらフライロッドのグリップ交換してみるかな。
それよりも一時帰国の時に渓流竿か磯竿の柔らかいの入手する方が確かかな…。



後日訂正:
フィッシングマックスを足しました。
神戸、泉南、和歌山方面へ釣行行った際にはすごくお世話になってたのに…。
特に二色浜店。よくトイレ借りてました。
サンテレビ「四季の釣り」でもお馴染み「浦さん」の顔見るのも楽しみでした。声はよう掛けんかったけど…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新兵器 What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる