What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS フロリダ釣行記F 〜 ちょっと嫌な気分になる

<<   作成日時 : 2009/01/07 10:09   >>

トラックバック 0 / コメント 10

海鵜の出現で早々にエギングを諦め、周囲の様子を伺いながら…。



小物狙いで軽い仕掛けを作ってみるが、風で仕掛けが海面まで到達せず(笑)

じゃ、作ったメタルバイブでも試してみようと投げてみると、やはりシモリから2つばかり何やら魚影が。
すぐに見切られてどっかへ行っちゃいましたが(笑)
うーん、どうやら小さいサメみたい…。



そうこうしている内に、沖側何人か向こうで竿曲げてる人がいる。
相当大物。
ごついロッドが思いっ切り曲げられ、その先は橋脚の下に入り込んでいる。
これは取り込みできんやろな〜と見てたら、案の定プツン。


あんなんいるんや…。
何だか分からんけど、掛けてみたいな。
でも、あのタックルであれだけ熨されてるんだから、このライトタックルじゃ話にならんだろな。

何てことを考えてると、今度は風上側でヒット。
ラインがどんどん持って行かれてる。
楽しそう…。


フックオフしたようで魚は上がってこなかったが、常連さん達が次々と風上側へキャスト。
速いピッチでリーリングを繰り返している。
メタルジグが見当たらないので、とりあえず自作メタルバイブで参戦(笑)
しかし、10±2gのメタルバイブが風で飛ばない。
連中、どんなルアー使ってるのかな?
それ程大きいルアーには見えないが…。


飛ばないメタルバイブでも投げていると、魚の反応はある。
先ほどのサメらしい魚影とは明らかに異なる。
青物?
が、沈まないので速い動きがつけられないせいか、近づいてきてもすぐに見切られる。


2人程隣で常連さんヒット。
走られて、こちらへ寄ってくる。
常連さんも間に入っている人を押しのけるようにしてこちらへ寄ってくる。
まぁ、分かるんだけどね。
挨拶もなしかよ…。

確かにピアの入り口には
「魚を掛けている人には進路を決める権利があります。彼らがランディングできるように協力しましょう」
みたいな注意書きがあったが、最低限のマナーとして挨拶ぐらいはあってもいいでしょう。
こんな連中が釣りしてること自体が気分悪いな…。



掛かっているのは70cm強の魚。
形的にはサワラみたいだけど、歯は鋭くなさそう。
どうやってこの高さで取り込みするのか見ていたら、他の常連さんが何人か寄ってきた。
その内の一人、どう見ても中国系のおじさんが何やら取り出し、海面に落とす。
エギングのギャフみたいな針が何本も突き出たようなのをロープの先端に取り付けたもの。
なるほどね。
あれで引き上げるんだ。
でも、魚は確実死んじゃうね。持って帰って喰うんだろね。


3人掛かりでようやく魚を桟橋まで引き上げた…と思ったら、釣った本人は魚ほったらかし。
次の獲物を狙ってる。
何や、これは…と思う内、先ほどの中国系オヤジが、デカイクーラーを載せたキャリアーを引っ張ってきた。
中国系オヤジ、横たわる魚を摘み上げ、柵にぶち当て留めを刺すと、クーラーに放り込む。
ちらりと見えたクーラーの中には同じ魚がびっしり…。



むむむ。何だかちょっと嫌な光景。
そりゃ、私も釣った魚を欲しいと言う人にあげたりすることもある。
勿論、釣り自体を難しく論ずるつもりは毛頭ない。
…けど、何か違わないか?


ヤツらは完全にゲームのみを楽しんでるワケだ。魚の生き死には彼らには関係なし。
で、釣った魚を処理するのは中国系オヤジなワケだ。
中国系オヤジはきっと自分の経営する中華料理店であれを食材として使うんだろな。
そーゆービジネスとして、釣ってる連中と中国系オヤジの関係が成り立ってるのかも知れない。


魚を捕らえることだけを楽しむ米人、
捕らえられた魚を処理する中国系オヤジ、
そしてクーラーボックスに大量に放り込まれた魚達…

うまく説明できないけど、なんか悲しい気分になっちゃった。
奇麗事言おうとしてるのかな。
そうかもね。


ま、釣れない釣り人の僻みか…(笑)




複雑な気持になりながら……。

手持ちのジグヘッドの中で一番重いのに、更にこれまた手持ちの中では一番重いテキサス用のシンカーつけて、ワームでシモリ付近にキャスト。
それでも風にラインが煽られてしまうが、何とか微妙にラインテンションが掛かる程度で維持。

ちょっと気持重みが掛かったかどうか…。
とりあえず、聞き合わせ。
生命感はないが、重い。
ナマコか軟体系?
…と思ったら、フグ。
こんなところでも会うとは…(笑)
しかも結構大きめのハリセンボンだし。

上がるかなと思ったけど、風の影響もあり、無理っぽい。
無理矢理リール巻いてロッドに負担掛けるのも嫌だし…。
…と、ぐずぐずしてたら、オートフックオフ。
助かりました(笑)


ま、これでボーズじゃない…いや、取り込んでないからボーズか…(笑)
でも、フグにちょっと癒されたかな。
引きがあるともっとよかったのだけど。


ちなみに、こっちの連中、フグのこと「ボールフィッシュ」と呼んでました。
丸い魚…ってな感じでしょうかね。
ま、そのままですわな(笑)



この釣り場の雰囲気がとっても嫌だったのと、掛かっても取り込みできないのが分かったので、
フグのオートリリースを機に撤収。




…ってゆーか、帰り際、嫌な気分に追い討ちをかけるようなことがもひとつ(笑)

隣にいたのんびりしたおじさんが帰るとき、「使いなさい」と言って無理矢理餌の冷凍エビの残りをくれたのだけど。
私も使わないので、帰り際駆け上がり付近でヒラメ狙いのキャスターがエビを餌に使ってるのを見て、「要りませんか?」と声を掛けたワケだ。

ま、英語がロクにできないのに見知らぬネイティブに話し掛けた私も馬鹿でした。
声掛けたの彼がミスキャスト回収した直後だったのでタイミングも悪かったのかも…。

すると、その米人、いきなり手に持っていたタックルを下に放り投げ、激しい剣幕で
「俺は確かにエビを使っているが、そんなに要らない。お前が使わないならゴミ箱に捨てちまいな!」

いや、見知らぬジャップが声掛けて申し訳なかったね。
ジャップに声掛けられ、しかも必要ない餌をくれるだなんて、貴方のプライドを傷つけちゃったんだろね。
いや、本当に申し訳なかった…。




ホント、嫌な連中ばかりがいるピアだった…。
雰囲気良かったのって、気安く隣に入れてくれて、最後にはエビまでくれたおじさんぐらいかな。

画像





もうここに来ることはないだろうね。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
嫌な気分ですね
ヘラ師で良く居ますよ
釣った魚その辺に放置するの
ブルーギルやアメリカナマズなんだけど、いくら害魚とはいえ、その辺に生きたまま放り投げとくのは見ていて嫌な気分です
しい
2009/01/07 11:13
 周りで釣っていた人が不親切なのでは嫌な気分になるのも分かります。
そんな人達は釣りをする資格はないと思います!
kajinao
2009/01/07 11:39
ん〜っ・・・、大変気分悪いですね!!!
私が通うフィールドでも馬鹿は居ますが、レベルが違う場共ですね〜!!!
隣の叔父さんの様におおらかに出来ないかな〜!
れおん13
2009/01/07 11:43
釣りをスポーツ感覚で楽しむなら魚の命は奪うべきではありませんね。食べる分だけキープ、その他は生かして海に戻してやるのが最低のルールだと思いますが。そういう光景が当たり前となっているピアには私も行きたくないです。因みにこちらのピアはマナーの悪いのはメキちゃんと中国系ですかね。良く会う米人は暇つぶしで来ているようですが、ゲーム感覚で引きを楽しむ一方で魚に傷を付けない様にちゃんとリリースしてますよ。
father
2009/01/07 12:37
しいさん>気分悪かったです。
まるで暗黙のルールがあるかのように行われていることがまた気分悪かったです。
zinc362
2009/01/07 13:12
kajinaoさん>流石に長く続ける気にはなれなかったです。
気持ちよく釣りしたいもんです。
zinc362
2009/01/07 13:15
れおん13さん>いろんな考えの人がいるのでしょうが、私が非常識と考えるようなことが、どうもあのピアの上では常識なようでした。
気分が悪かったです。
zinc362
2009/01/07 13:21
fatherさん>メキの方々はともかく、アメリカ人はもうちょっとマナーよいと思ってたんですよね。
このピアでは人種に関係なくサイテーな人ばかりでした。
zinc362
2009/01/07 13:24
魚釣りをする以上魚を苛めていることに
変わりはないですが・・・こー言う取り扱い方を見るのは気分良くないですね!
釣りをする以上食べるにしてもリリースするにしても
遊んでくれてサンキュウーって気持ちは持っていたいもんです
フラン
2009/01/07 21:57
フランさん>そうなんですよね。釣り自体が魚を傷つけていると言えばそうなんです。難しく考えたくないけどたまに考えちゃう…。
大切なのは「遊んでくれてサンキュウー」ですね!
ありがとうございます。いい言葉です。
zinc362
2009/01/08 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロリダ釣行記F 〜 ちょっと嫌な気分になる What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる