What's うぷ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 最初のこと…キロアップのこと(多分中編^^)

<<   作成日時 : 2009/05/02 11:26   >>

トラックバック 0 / コメント 8

ようやくエギングのことの続き書いたのでアップしてみる(笑)




前回「キロアップのこと」…と書きながら、未だキロアップが出てこないまま前編が終了してしまったワケだが(笑)
今回もまだキロアップが出ない…かも知んない^^;
ま、私が初めてキロアップをキャッチするまでの経緯をつらつらと書いてるだけだから、
その辺り…許されて^^;;;;



今、日本はゴールデンウィークの真っ只中。
季節はもう春から夏…の様相を呈してきた頃合だとは思うが。
地域差はあるとして、春イカ…と言っても、
本格的なシーズンはちょうど今ぐらいからの季節なんだと思う。
少なくとも、私が毎週のように通っていた越前から丹後にかけてはね。





2005年の夏の終わりから始めたエギング。
チビイカしか釣れないまま2005年が終わり。
2006年はヤエンにどっぷり…いやちょっぴり嵌って3月4月を過ごしてたワケだ。



そして、2006年5月20日……。

年明けから和歌山方面への釣行続きだったのだが、久しぶりに越前へ。
越前でそこそこのサイズがそこそこ釣れているとの情報が師匠からあったんだわな。

釣れていると聞けば当然行く(笑)

いそいそとヤエンと、そしてエギングの用意をして暗い内から出発、越前へ。


しかし、途中の釣具屋で活けアジが入手できないまま。
結果的にはこれが良かったんだろね。
仕方なく…とゆーか、本来のスタイル、エギングで攻めるしかなかったワケだ(笑)



エギは師匠オススメの3号白。
やや小雨が降る中、越前海岸に入って河野漁港辺りから順に叩いて北上していく。
アタリもないままどんどん進んで玉川辺りまで…。
そこまで行くと強風で波も高い…。

だんだん嫌な気分になっていく。
やっぱりアジの泳がせがよかったなぁ…などと弱気になっていく。
エギングを楽しもう…という気持ちが失せていくのが分かる。
引き返して、最初の河野漁港に近づく。


いったい何してんだかなぁ…。
せっかく車で3時間程もかけて遊びにきてるのに、暗い気分になってたんじゃもったいないわな。
これなら家でゴロゴロしてる方がよっぽどいいんじゃないの?

うん。そう。
エギングじゃ釣れん…って、変な諦めみたいなのがあったのは事実。
所詮釣り自体始めて2年足らず。
餌釣りがほとんど。
秋にそこそこチビイカ釣ってた割りには、
ホンマにこんなんで釣れるんか…ってな懐疑的な気持ちでやってたかも知んない^^



そんなマイナス気分が変わったのは何故だったんだろ。
今となってはその理由はまったく想い出せんのだが、
ここが最後…と入った漁港では、それまでの負の気持ちと全然違う気持ちだったことだけはなんだかはっきり覚えてる。


ここでラスト。
出なかったら帰る。
エギの動きはカンケーない。
ラインに集中する!
…そんなふーに割り切ってた。

3.5号のエギ王Q速ピンクに結び直したのも、気分を変えるのにちょうど良かったのかも知んない。
えーい、派手に行っちゃえ〜みたいな^^


そんなふーにして開き直った気分で入った某所。テトラ上。
雨は上がりかけ、やや向かい風。ちょい濁り潮。
キャスト。
海面に浮いている藻が絡むが、やや重めのエギのせいか、先ほどまでより沈んでるのがちゃんと分かる。
それもちょっと嬉しかったね。
さっきまでは沈んでるって思ってたけど、錯覚でしかなかったような^^
あぁ、そうそう、これが沈んでるって感覚…って再認識した感じ(笑)


しゃくりもカッコ気にせず、底取ってから両手で1回大きくガシーンと。
正直、傍から見てたら大袈裟なしゃくりだったかも知んない。
とにかく1発派手に〜♪ って意識があったのは事実。

で、そのあとはできるだけロッドティップを変に動かさず、すっーっと下げ、
ラインに集中する…って感じ。


考えてみれば、エギングのキホンっちゃーキホンなんだわな。
そんなこともこの暫くはすっかり忘れてたような^^
大きく動かしてアピール→しっかりステイ→アピール→ステイ…。
この緩急あるところがエギングの面白いところなんだと、改めて実感したりして^^



さてさて、そんなエギング再認識の中の3キャスト目だったか4キャスト目…だったか。

それまでと同じように、底を取って両手で1回大きくしゃくり。
すーっと落として、再び底に着くはずのタイミングよりやや早いところで、ラインが止まったような…。
それに遅れて、ロッドの先にもぞもぞ感…。
「藻? いや、何か違う」
思い切ってアワセ気味にしゃくる。

「グーッ」
根掛かりとは明らかに違う重さ。
ロッドティップが波とは違うリズムで入る。
イカ!
確信して重さを感じながらもう一度アワセのためにロッドを立てる。
「グーッグーッ」とロッドが締め込まれる。

でかい!!!
今までの500gクラスとは明らかに違う重さ。
ドラグが鳴くまではいかないが、いつものようには巻き取れない。
小学校時代から体育はいつも赤点ギリギリだったぐらい運動能力には自信がないが、
ロッド持ってる右腕が持っていかれるよーな、そんな感じ^^

大袈裟?
大袈裟だね^^
でも、その瞬間まで、イカに限らず大モノって掛けたこたぁなかったからね(笑)

ま、右手首がへこたれるのを何とか堪えながら、テンションを維持する。

「浮いた」と思う間もなく、15m程向こうで「ブシュ!」とスミ。
「で、でかいよ〜」

浮いてきたのはまるで固まり。
足元まで寄せてくるとでかさがひときわ。
ギャフを用意するが足が震えているのが分かる。
膝が笑うってのは正にあの感覚…。

「バラすわけにはいかん!」って緊張感と、「デカイデカイっ!」ってゆー嬉しさと…。
膝、腕、顔に力が入ってなかったワケだが、何とか一発で胴の先端辺りにギャフ入れ。
ロッドを股に挟んで手繰り寄せるギャフも重い。

何とかテトラ上に引き摺り上げたときは、もう地に足着いてなかった感じだったね^^



ほんとは続けてキャストして次の1杯を狙うべきだったんだろうが、
そんなことは今だから言えること。
そのときは高揚しちゃってて、それどころじゃなかった。
車に戻ってすぐ撮影。

画像


重さ?(笑)

残念ながらキロには届かず、950g...^^
しかしながら、紛れもなくその時点での自己ベスト。
正直滅茶苦茶嬉しかった。



結局この日はこの1杯だったし、後にも先にもバイトはコレっきりだったが、
この1杯が釣れたってのは自分の中では大きかった。

いや、もうね…決して開眼したワケじゃないんだけどね(笑)
まったくもって、
「あ、俺にもキロアップ釣れるかも知れん」…ってな、
変な希望ってか、ほっとしたってか…^^

見えイカではなく、沖で、しかも底付近でアタリを獲れた…ってのは明らかに自信に繋がったしね。




それまではカッコよく片手でしゃくろうとして、実際手首に力ないもんだから、潮に負けてたり。
ラインに集中せずに、ティップに出るアタリをひたすら待ってたり。
底取りもキチンとできてなかったんだろね。
何かキホンを忘れてた…みたいな^^

要はイカがいるところで、イカにしっかりアピールできたら、
イカはほぼ抱く。或いはちょっかい出してくる…はず。

そう確信することが大切であって、
「釣れんのと違うかな…」ってマイナスの思考が頭の中の大半占めてると、
分かるはずのアタリも分かんないんじゃないか。

しゃくりのスタイルもカンケーない。
1段しゃくりとか2段しゃくりとか、何とかジャークだとか…ってのは、
確かにアピールを高め、イカがエギを抱く確率を上げるために、先達が編み出してきた技だけど、
アピールさえできてりゃ、ズル引きだって、抱くときゃ抱く。
そ。確率の違いだけ。
だったら、できもしない2段しゃくりを無理して片手でやろうとしてみたり…なんてこたぁナンセンスなのだな^^

イカに抱く間をきっちり与えてやることのほうがよっぽど大事。
そのためには底取りとかってのはまた大切な要素なんだろな。


…ってな、エギングでは至極当たり前のこと…に改めて気付いたような(笑)




キロ足らずで何語っとんねん…なんてこたぁ、言わないよーにね^^

実際、この釣果で「やっぱりエギングって楽し」って思った単純な私は、
この数日後に初のキロアップをキャッチすることになるワケで。
やっぱり、難しく考えず、いるところでちゃんと釣りすれば釣れるってことを再認識するワケで^^

その次の年、2007年春までの間、
結局片手で足るぐらいのキロアップしかキャッチできないまま、
海のないオハイオくんだりまで来ちゃったワケだが、
それでもエギングしたくて堪んないって気持ちがずっと続いているのは、
この1キロに満たない1杯をキャッチしたことが大きく影響してるんだと、今は想う。



へへへ。
大袈裟?
大袈裟だわな。
ま、たまには大好きなエギングのこと語らせて^^




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今度の一時帰国はアオリイカにはちょうどよい季節ですね。
自己記録更新を果たし、是非ブログにアップしてください。
kajinao_father
2009/05/02 11:36
 この記事を見たらエギングをやりたくなってしまいました。でも岸から15mしか離れていないところに1kgUPのイカが居るのですね。ちょっと驚きです。
kajinao
2009/05/02 11:54
分かる気がします♪
私も鯰が釣れなくて悩んでいて釣れる様になっても小物ばかりの時少しマイナスオーラを発していたかも知れません ^^;
何時しか人並みのサイズが上がる様になってから一工夫し考える様になったと思います ^^;
日々勉強であり基本に忠実で有りたいですね♪
れおん13
2009/05/02 12:34
多分釣りにどっぷりハマる人は、みんなこう云う
気持ちの高揚感を味わっていますよね(笑)
しっかり脳裏に焼きつく^^
他の遊びじゃ中々味わえない(笑)
フラン
2009/05/02 19:34
kajinao_fatherさん>春イカ狙いで日程決めてますから^^;
冗談はさておき、釣り行ける時間があるかどうかはまだ分かんないです。行ければ釣れなくてもヨシなんですけどね。
zinc362
2009/05/03 06:18
kajinaoさん>いつか是非挑戦してみて下さいな。
いいときには結構岸近くにデカイのも寄ってきてるみたいですよ。
zinc362
2009/05/03 06:25
れおん13さん>思い込み満載の記事にコメント頂いてありがとございます^^
そそ。この1杯が出るまでは、どうせ釣れない…と、適当なことしかやってなかったような気がするのです。
いいサイズのバスが出ないここ最近ですが、ちょっとこの1杯のこと想い出して、もっと楽しんでやってみよ…っと思ってます^^
zinc362
2009/05/03 06:33
フランさん>エギングやり始めたはいいけど、釣れないから止めていく…って人多いみたい。
私もちょうど揺れてた時期だったように思います。
だからこそ、エギングにどっぷり思い入れ持つようになった1杯^^
しっかり脳裏に焼き付いてます。
確かに他の遊びじゃなかなか味わえないかも…です(笑)
zinc362
2009/05/03 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
最初のこと…キロアップのこと(多分中編^^) What's うぷ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる